4代目若旦那のブログ

弥生黒糖焼酎の愉しみ方

オーソドックスな飲み方から、弥生焼酎オリジナルの飲み方までご紹介します。
お気に入りの飲み方を見つけて、弥生の黒糖焼酎をお愉しみください。

愉しみ方イメージ
●ストレート

口に含んだ瞬間、黒糖焼酎そのものの風味を愉しめます。
豊かな黒糖焼酎の香りが広がり、心地のいい飲み方です。

作り方 冷蔵庫に瓶ごと入れて冷やすのがコツです。
グラスも一緒に冷やしておくとさらにおいしくいただけます。
●オンザロック

黒糖焼酎のすっきりとした喉越しをお愉しみください。

作り方 グラスに氷を3〜4個くらい入れて黒糖焼酎を氷の上からゆっくりと注ぎます。大き目の氷を使うと良いでしょう。
黒糖を一緒にいただくのがおすすめ。(親子飲み)
●水割り・お湯割り

香りと風味を残しつつ、黒糖焼酎のマイルドな味わいが愉しめます。割水にミネラルウォーターを使用することで、多様な味わいが楽しめます。
お湯割りはお湯→黒糖焼酎の順で入れることにより、温まった黒糖焼酎の持つふくよかな香りがふんわりと立ち昇り、甘みが際立ちます。

作り方 黒糖焼酎:水(お湯)=6:4、または5:5ぐらいで割ってください。
いろいろ試してお好みの割合を見つけてください。
●燗

黒糖焼酎をじっくり味わいたい方におすすめの飲み方です。
マイルドで繊細な味わいが愉しめます。寝かすことにより、黒糖焼酎と水が良くなじみ、味も香りもまろやかになり、一層おいしくなります。

作り方 飲む前日にあらかじめ水割り(6:4又は5:5)を作っておきます。
一晩寝かせた黒糖焼酎の水割りを、燗をつけて楽しみます。
●お茶割り

黒糖焼酎初心者におすすめです。
ウーロン茶、緑茶、紅茶などお好みのテイストを愉しんでください。

作り方 黒糖焼酎:お好みのお茶=6:4、または5:5ぐらいで割ってください。いろいろ試してお好みの割合を見つけてください。
冬はホット、夏はアイスと季節に合わせて楽しめます。
●黒糖ハイボール

黒糖焼酎の奥深い香が炭酸と共に口中に広がります。
レモンやライムの皮で香りづけするのもおすすめ!
瓶、グラス、ソーダをしっかり冷やして飲みましょう。

作り方 氷をグラスに一杯に入れて冷やします。黒糖焼酎を適量注ぎ、ソーダを加えます。(黒糖焼酎1:ソーダ3〜4)
炭酸ガスが逃げないよう、マドラーでタテに1回まぜます。